2006年4月11日 (火)

残すは1冊!

日曜日の夜から夜中にかけて、【フリークス/綾辻行人:著】を読破!

フリークス
精神科病院を舞台にしているだけあって、
夜中に読んでいたら何とも息苦しい気分になった(-_-;)
読み終わって眠りについたら、悪夢を見たねこプでした・・・。

あと私の家にある『綾辻行人』作品は、残す所あと1冊。
この1冊を読めば、綾辻作品を全て読破出来たと言う訳ではないんだけど~(^_^;)
とりあえず、家の本棚にある綾辻作品は読み終わるっていうだけ。

本を読み始めると、その
本にもよるけれど、
その日のうちに読み切らないと気が済まない性質のねこプ(^_^;)
なので、読み切る時間がある時じゃないとほぼ読まない。
残す1冊は、なかなか厚みのある文庫本。
以前読んだ【時計館の殺人/綾辻行人:著】とタメを張る厚さ。
この本を読むのも、なかなかくたびれた(^_^;)
気合を入れないと、読む気がちょっと起きなそうなので、
少し時間を置いてから読もうかなっと思います~。

時計館の殺人
ちなみに↑の【時計館の殺人】は、凄かった。
トリックはもちろん、殺人がおき過ぎって位おきます(-_-;)
読んでいて、自分が登場人物の一人(殺される側)になったような錯覚をおこす位、
のめり込んで読みました~。
そういえば、この本を読み終えたときも悪夢を見たっけ・・・。
とっても影響されやすいのね・・・私って(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

読み疲れたぁ~

一度本を読み出すと止まらなくなるんです!
そんな訳で、本日2冊一気に読みました~。
読んだ本はこちら!

【暗闇の囁き/綾辻行人:著】 
暗闇の囁き


【黄昏の囁き/綾辻行人:著】
黄昏の囁き

どちらも4/5の日記で描いた、「緋色の囁き」と同じシリーズの物。
たて続けに読んだので、
肩は凝るは、目は痛いはで、疲れちゃいました(^_^;)
今日読んだ「暗闇の囁き」は、あんまり好きじゃないかな~。
冒頭の殺人について、もっと触れてくれるのかと思いきや・・・。
どうやら、他の本(「殺人鬼」)とリンクしているっぽい?
また読む本が増えちゃったよ(^_^;)

「黄昏の囁き」は、結構良かったですよ!
全然予想もしない人が犯人でした。
うん、驚いた~。

2冊小説を読んでも、まだまだ読んでいない本が本棚で待っている。
一体何冊、読まないままの本がいるんだろう~(-_-;)
順番に読んでいかんとなぁ~。

話は変わって~、宣伝です♪
ねこプんちの、
ねこプ写真集に桜の写真をUPしました。
ヘタレ写真ですが、
良かったら見て行って下さいませ~m(__)m

Tenki2_24

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

読書な一日

雨と強風の今日は、久々に読書DAY♪
買ったまま読んでいなかった、
【緋色の囁き/綾辻行人:著】を読んだ。
緋色の囁き
学園を舞台にしたサスペンス?ミステリー?
殺人シーンがリアルで、

読みながら「ウギャー」とか言いながら自分がナイフで刺された気になって悶えちゃいました(^_^;)
一気に読み終えましたよ。
もうずいぶん前の作品だけど、全然古臭くないです!
あと二冊囁きシリーズがあって、我が家の本棚で読まれる日を待っている~。
う~ん、でもやっぱり館シリーズの方がねこプは好みかも~♪

話は全然変わるけれど、すご~くお安くカレーまんをゲット!しました。
このカレーまんは、業者向けの商品なのか調理法が書いてないの。
でもレンジで温めればOKでしょ~。
多分季節的にもう商品として売れないと思って、
安く一般に売りに出したんじゃないかな~と思う。

このカレーまんの大きさは、
コンビニで売っている大きさと同じ物だと思う。
コンビニで買うと、1つ90円だか100円だかしますよね?

なのに6個入りで・・・

何と、88円!!!どっひゃぁ~

1個の値段じゃないよ!6個で88円だよ!
安すぎ~(^_^;)
0604shoku3
(適当にレンジで温めて食べました。ちゃんと辛くて美味しかった♪)

いやぁ~、我ながら良いお買い物しました♪
Tenki4_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

はまっております

昨年の後半に、綾辻行人と言う作家さんを知りました。
そして、この方の小説にはまっております。
はい、今頃です・・・遅いですよね(^_^;)
有名な方なようですもんね。
でも、知らなかったものは知らなかったのだから、しょうがないじゃん♪

(開き直っていやがる、いや~ね~)
まっまぁ~、許してやって下さいまし。

ねこプは推理モノが好きです。
たくさん読んでいる訳ではないのだけれど、この人の本は面白い。
中でも一番最初に読んだ、館シリーズの【十角館の殺人】が好き!
十角館の殺人
思いっきり、連続して殺人が起こります!
私は、最後の最後まで犯人が分かりませんでした。
分かった時は、

「えぇぇぇぇ!あなたがぁぁぁぁぁ!?」と、驚きました(笑)

もう、大どんでん返しっすよ!
この一作を読んで、次の日にはシリーズ本を一気に買って、

夜な夜な読み漁る日々を送ってました(^_^;)
今も違う本を読んでいるのですが、ちょっとペースダウン。
何だか目の調子が・・・ショボショボしちゃいますの(>_<)

この小説、オススメデス~。
他にも何か面白い推理小説があったら、皆様教えて~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

推理小説とお昼ね

読書が好きなねこプです。
ここ数日、推理小説をたて続けに読んでます。

今読んでいるのは、『時計館の殺人:綾辻行人 著』です。
(他の本の綾辻行人先生の
インタビュー記事だけど、読んでみると面白いかも♪)
この作品は、1991年9月にノベルスで発売され、第45回日本推理作家協会賞受賞作品なんだそうです。
って、知っている方のほうが多いかな?(^^ゞ
私がこの綾辻行人という方を知ったのは数ヶ月前(遅っ!)で、『館シリーズ』と言われている作品をたて続けに読んでいると言う訳です。

今日の昼過ぎに本を読んでいたら、ちょっと疲れていたこともあり眠くなっちゃいまして、
「少しだけ、本当に少しだけだから!」っと、自分で自分に言い訳しながらベットにコロンと転がりました。
天気が良い事もあって、窓から差し込む日差しが暖かくすぐに爆睡(^_^;)
心地よく眠りについた・・・はずなんだけど・・・(-_-;)

眠る直前まで読んでいたのが、『時計館の殺人』というサスペンス小説だった為に、
私は夢の中でこの小説の登場人物となり恐怖に怯えるはめに・・・(T_T)
広く薄暗い屋敷の中を一人、何者かに付け狙われているのでは?っと恐怖に慄いている夢でした(>_<)
目覚めた時、明るい日差しが差し込む部屋を見て、心からホッとしました(^_^;)

血なまぐさい連続殺人の起こるサスペンス小説を、日を置かずに読み続けているせいか、かなりリアルな夢を見ることが出来ました(苦笑)
今日の夜は、もう悪夢は結構よん(^_^;)
Tenki2_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)